豆知識

結露はなんで発生するの?対策方法を原因から知ろう

投稿日:2018年3月23日 更新日:

スポンサーリンク

冬になると部屋の窓に水滴が

いっぱいついて困っている方

多いんではないでしょうか?

 

そのまま放置しておくと

水滴が下に垂れて

下の部分にカビなどが

生えてしまって困りますよね。

 

そこで今回は結露が発生する

原因から紐解いていき

対策方法をお話ししたいと思います。

結露ってどうして起きるの?

外気と室内の温度差で発生する

窓ガラスや壁につく水滴を結露と言います。

空気中に含まれる水蒸気は

空気が温かいほど多く含まれ、

冷たくなるとその量は少なくなりますが、

外気で冷えた窓ガラスに、

エアコンやファンヒーター、

ストーブなどで温められた空気が

ぶつかって冷やされ水滴となって

付着するのが結露の正体なのです。

 

気が付くと発生していてぞうきんや

タオルなどで拭いてもきりがない

と感じている人は多いのではないでしょうか?

そんな冬の悩み結露を

解消する方法をご紹介します。

室内の換気が効果的

日常生活において室内の湿度が

上昇する理由はいくつかありますが、

風邪予防のための加湿器や

洗濯物の室内干し、調理の湯気、

飼育している熱帯魚などの水槽や

植物の水やりなどが要因として

考えられます。

 

また、部屋を暖めるために使う

ファンヒーターやストーブは、

ガスや灯油を燃焼する際に

水蒸気を発生するため、

つけっぱなしにしていると

室内の湿度が上昇します。

 

湿度の上昇を抑えるためには、

部屋の換気が有効です。

寒いからと言って部屋を

閉め切っている状態は

おすすめできません。

 

定期的に窓を開け換気することが

結露の軽減につながります。

また、暖房器具の設定温度を

不必要に上げないことも対策のひとつです。

スポンサーリンク

できてしまった結露はどうしたらいいのか?

発生した結露をそのままにしていると

カーテンや壁にカビが生える

原因となったり、流れ落ちて

サッシや床がびしょびしょになり

後始末が大変ですよね。

 

こまめに拭いて乾燥した状態を

保つのがベストですが、

ぞうきんで拭き取る方法では

時間と手間がかかります。

 

そんなとき重宝するのが

洗車のとき車体の水分を

取り除くのに使う給水スポンジです。

吸水性能が極めて高く一度に

大量の水分を吸水する吸水スポンジは、

有名テーマパークで雨に濡れた

ベンチなどを素早く乾かすのにも

使用されています。

 

種類も豊富で持ちやすい大きさに

切ることも可能なので小さくして窓の

近くなどに置いておいてもいいですね。

乾燥させておけば何度でも

繰り返し使えて経済的です。

 

まとめ

結露は温度によって含める水蒸気の

量が変わるので、室温と外気の温度差に

よって冷たい窓などに水滴が付着する。

 

結露を防ぐ方法としては、室内の湿度を

上げすぎないためにこまめに空気を入れ替える

換気を行う。

 

結露してしまって付いた水滴は

車用のスポンジを使用して

拭くとよい。

 

冬場はどうしても暖房器具を

使うので結露が発生しやすく

なってしまいます。

 

今回ご紹介した方法を試して

少しでも結露の対策をしてみては

いかがでしょうか?

スポンサーリンク


-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が終わっているのに定時で帰りにくい人の対処法

スポンサーリンク 仕事が終わっているのになかなか定時で帰ることが できない人って結構多いのではないでしょうか。   周りの目を気にして必要のない残業をしてしまう方が 私の会社にもかなりいます …

賃貸物件で良いお部屋を安く見つける方法について

スポンサーリンク 新しい部屋を借りるのは何かとお金がかかります。 生活環境を変えるためや、よりよい暮らしを する為とは言え高額の出費は避けたいところです。   またせっかくなら良い部屋を見つ …

サプリメントの選び方と日常生活の改善方法

スポンサーリンク 最近は1人暮らしなどで栄養が偏りがち になるのを補うためにサプリメントに 頼る人が多いようですね。   目次1 サプリメントの種類2 サプリメントの選び方3 まとめ サプリ …

お風呂は朝と夜どっちがいいのか?モーニングシャワーの効果は?

スポンサーリンク お風呂は夜入る派でしょうか? それとも朝にモーニングシャワーを する派でしょうか?   どちらを取るかは自分の好み次第ですが 今回はモーニングシャワーについて お話をしたい …

オイル交換は意外と簡単にできる!維持費を節約しよう

スポンサーリンク オイル交換はオイルや車種などの 条件にもよるが5000kmの 走行もしくは半年に1回の交換を 推奨されている。   要はほとんど車を走らせない人でも 年に2回は最低交換が必 …

カテゴリー

どうも「せんこう」です。 日々の一人暮らしの生活の中で様々な 発見や便利な情報などをみなさんに 発信できたらなと思ってます。 よければ、読んでみてください。