豆知識

アルミホイルの有効活用法!活用して快適生活にしよう

投稿日:

スポンサーリンク

最近は、アルミホイルを叩いて真ん丸に

することが流行っていますよね。

 

でもあれってはっきり言って

無駄遣いですよね。

そこで今回は有効的な活用法を

ご紹介していきます。

 

アルミホイルについて

アルミホイルには光沢面、

つや消しみたいな面ありますが、

アルミホイルは表裏ないようです。

 

作る工程で薄くのばすときに

片面側に目に見えない凸凹できて

光りバラバラの方向に反射して

光らないように見えるようです。

 

そして、ラップに包んだ食材を上から

もう一回アルミで包み冷凍室へ。

食品をくるめば冷気伝わりやすくて

急速冷凍することが可能です。

急速冷凍

肉、魚などつくった料理を小分けにして

冷凍保存するとき短時間で急速冷凍が

可能でおいしく保存できます。

 

急速冷凍することで食材のうまみを

あまり逃がすことがなく

保存することができます。

 

そして、冷凍状態のマグロのサクを

そのままアルミホイルで3重ぐらいに

なるよう包み、冷蔵庫の氷温室に

1日保存します。

 

これだけで氷温熟成進んでうまみに

関与するアミノ酸増加して

おいしさアップしてくれます。

 

また、アルミホイルを軽く丸め

1~2センチぐらいの大きさにしたものを

3,4個ほど作って真紅の排水溝の

ごみ鳥かご部分に入れてください。

スポンサーリンク

そして、アルミが雑菌繁殖抑えて

悪臭予防してくれます。

料理に利用したアルミホイル再利用

するときにいいでしょう。

 

キッチン排水溝はこまめな掃除を

していてもヌルヌルと汚れてきて、

ぬめり予防できるとお手入れが

楽になるはずです。

 

衣類にも使える

そして、アルミホイルは熱伝導率が

高い性質ありますが、その性質を

利用してみてアイロンがけの

時間短縮が可能です。

 

そしてアルミホイルをアイロン台に

敷いて、その上にシルク、ウールの

衣類置きましょう。

 

10センチぐらいはなしスチーム機能を

利用してみればアルミホイルが

温まってしわ伸ばしやすくなります。

 

そして、シルクなど直接アイロン

かけられない素材のしわ取りに

活用できるのはいいことです。

 

その他の活用方法

アルミホイル数枚重ねで

切れ味復活させたい刃物で

10回ほど切ってみましょう。

 

なんと砥石の役目をはたして

切れ味復活してくれます。

 

またアルミホイルを一回丸めて

手のひらサイズにしましょう。

 

それで鍋の中をなぞってみれば

アクが取れます。

 

アルミホイルを20センチぐらいを丸めて

広げてゴボウを包むようにして

軽くこすってみれば泡落としながら

皮を向けるのです。

 

そしてトースト焼くときに好きな形に

切ったアルミホイルを当てて焼いてみれば、

その部分が焦げなくて白く残り切り絵が完成です。

 

このようにアルミホイルはすごく万能なのです。

みなさんも気になったものがあれば

試してみてください。

スポンサーリンク


-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

咄嗟の時にすぐに自分でできる 裁縫の基本

服のトラブルは生きていれば起こる事がありまね。   そんな時には自分で直せるものは直したいですよね。   そこで裁縫の基本ポイントをまとました。 関連記事上手な時間の使い方!貴重な …

薬の正しい保管方法とは?常温、冷所、室温の違いって?

スポンサーリンク 誰の家にも何かあった時のために少なからず 薬は備えていますよね。 でも、正しい方法で保管できていますか?   正しい保管方法で保管をしておかないと いざというときに薬の効能 …

痩せやすく太りにくくなるために普段からやるといいこと3選

スポンサーリンク 年齢を重ねてくると基礎代謝が 低下してくるので体に 脂肪が蓄積されやすくなります。   何もしていないと急激に太ってしまい 内臓や血管に負担がかかるように なるので大きな病 …

車の整備点検をしてもらういい店舗の選び方

スポンサーリンク 車は様々なパーツで構成されており、 消耗した部品を交換することで、 性能を十分に発揮できる状態を維持できます。   自分自身で整備点検をするのも 一つの手ですが、駐車場を …

車を買うときにかかる諸経費や維持費は何がある?

スポンサーリンク 車を買おうとして車選びをする際、 ほどんどの人が車の排気量や形・デザインと 共に車両価格を見比べて、自分の懐具合と 照らし合わせて結論を出すのではないでしょうか。   この …

カテゴリー

どうも「せんこう」です。 日々の一人暮らしの生活の中で様々な 発見や便利な情報などをみなさんに 発信できたらなと思ってます。 よければ、読んでみてください。