ライフハック

付けるだけで節約になる!家計簿で生活を見直す方法

投稿日:

「節約したい」「もう少し貯金したい」思っていても、なかなか節約をするのは難しいものです。私もめんどくさがりな性格で、何もできずにいました。しかし子供が幼稚園に入り、生活が本当に苦しくなってきたころ、何か変えないと食べていけない!と焦り始めました。付けるだけで本当に節約につながるのか?と半信半疑でしたが、藁をもつかむ気持ちで家計簿をつけて1年。確実に貯金が増えていきました。家計簿のメリットや、効果的な使い方をご紹介します。

 

「付ける」ではなく、「計画を立てる」を意識する。

「買ったものをそのままノートに付けていく無駄な作業」と勘違いされる方が多いですが、家計簿の目的は、お金の流れを把握して、1か月の計画を事前に立てることにあります。例えば、家計簿を全く付けていない人は、預金通帳などから、今月いくら支出したかというぼんやりとした大きな流れしか掴むことができません。そのため、「今月は使いすぎてしまったから、来月は気を付けよう」という具体的な節約術が見えてきません。家計簿をつけると、はっきりとした「無駄」が見えてくるのです。自分の家がどこに多くお金をかけているのか?さらにどこなら削れるのか考えることができます。

 

家計簿をつけて見えてきた「無駄」を、節約につなげていくには

我が家は4人家族ですが、家計簿をつけ始める前は週に1度外食をしていました。1か月で7万近くの食費をかけていたことに、家計簿を付けるまでは知りもしなかったのです。付けた瞬間、「こんなに食費にかかっていたの!?」とゾッとしたものです。それで、食費は月に5万まで!と設定しました。1週間1万円に抑えることができれば、急に友人とランチに行く予定が入ったとしても、5万に抑えることは可能です。このように、少しゆとりを持つと良いかもしれません。家計簿を付けることに慣れてきたら、食費以外にも、日用品や娯楽費なども月いくらまでと設定することで、出費を減らすことができます。

 

固定費の設定の中に、貯蓄の欄を設ける

固定費とは、電気代やガス代など、毎月決まって出ていく支出のことです。ここに「貯蓄」を組み込みます。つまり、「余ったお金を貯金に回す」ではなく、一定金額を設けて、必ず貯金するということです。そして、総収入-固定費=生活費として振り分けます。そうすることで、生活費の節約に繋がる上に、毎月一定の貯金が可能になっていくのです。

いかがでしょうか?私はお給料が入ったらまず、固定費と貯金すべきお金を、別口座にうつし、そこには絶対手をつけないように生活しています。月末苦しくなった時は、一番削りやすい食費を減らすように計画して、品数を1品減らすなど工夫しています。ただ家計簿を付けるだけで、自分の考え方を見直すことができるのです。毎日付けるととても効果的ですが、1週間まとめて付けるだけでも良いので、ぜひ1度試してみてください。


-ライフハック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

忙しい主婦のストレス解消法にはこんなものもあります

スポンサーリンク 毎日家事や育児をこなしている主婦にとっては、 何かとストレスもたまりやすいものです。   また、家事や育児以外にも、最近はパートやフルタイムで 仕事をしている人も多いため、 …

生活習慣病の対策と予防!一人暮らしの方は要注意!

スポンサーリンク 生活習慣は気付かないうちに 乱れていきますよね。   今年から一人暮らしを始めた方など 気をつけておかないとすぐに生活は 乱れていくので注意です。   その乱れが …

インフルエンザ予防接種で役立つ助成と還付申請について

目次1 インフルエンザの予防接種には助成がある2 市外での接種の場合には還付申請も可能3 還付申請してから1~2ヶ月で振り込まれる インフルエンザの予防接種には助成がある 毎年、猛威を振るうインフルエ …

収入が少なくても貯金を増やしていく方法とは

スポンサーリンク わが家は手取り20万円代前半で生活をしています。 そんなわが家が赤字にならずに少しづつ貯金を 増やしているのですが、貯金を増やすためには どうしたら良いのかについて、紹介していきます …

普段のお買い物で節約する、今日から始められる簡単な方法

スポンサーリンク 普段みなさんはどんなお買い物の仕方をしていますか? 今日の晩御飯は何にしようと毎日考え、 毎日お買い物に行くことは、実はとても無駄です。   考える時間も無駄。買い物に毎日 …

カテゴリー

どうも「せんこう」です。 日々の一人暮らしの生活の中で様々な 発見や便利な情報などをみなさんに 発信できたらなと思ってます。 よければ、読んでみてください。